PGP
BLOG
2020.02.26

『塗るガラス』PGPスマホガラスコーティング

みなさんのスマートフォンはケースや画面保護フィルムを着けていますか?

 

今やスマートフォンの保有率は20代・30代では90%超え、10代でも80%を超えている(総務省調べ)そうですが、時代とともにどんどん進化してゆくスマートフォン、画面も大きくなり価格も年々上がってとても高価なものになってきていますよね。

 

気を付けてはいてもついうっかり落としてしまって、本体に傷が付いたり、液晶画面が割れてしまったり、、、

 

修理するのはお金も時間も掛かるし、交換となると携帯補償を付けていても新型のものだと最低でも1万円は掛かってしまいますよね。

 

私も必ずケースを着けて、液晶画面にも専用ガラスフィルムを貼って使っていました。

ただ、ケースを着けたりガラスフィルムを貼るとその分厚みが出てしまい、せっかくの薄さも半減してしまいますし、スマホ本来のデザインを活かせるケースというのもなかなかありませんよね。

 

出来ればケースもフィルムもなしの状態で使いたいのですが、落とした時のことを考えるとそうもいかず、、

 

そんな時におすすめなのが『PGPスマホガラスコーティング』です。

スマホのガラスコーティングで検索するといろいろな種類のコーティング剤が上がってくると思いますが、『PGPスマホガラスコーティング』はなんといっても硬度が10Hというのがポイントです。

 

アメリカのMIL規格(米国防総省が制定した米軍物資調達規格)を取得している、世界最高水準の耐久性をもったガラスコーティング剤で、耐久年数もなんと10年間なので、1度コーティングすれば次の機種に変更するまで再コーティングする必要はないのです。

 

コーティング剤は浸透性なので、ナノ分子がスマートフォンの微細な凸凹面を埋めることで光の乱反射を抑えて、より高い透明性と光沢が出るだけではなく、皮脂などの汚れが入りづらくなり指紋などの汚れも付きにくくなるので、いつでもキレイな状態を保てるのです。

 

さらに、『PGPスマホガラスコーティング』は電磁波を約80%カット、ブルーライトも約50%カットしてくれるので、「お子様のスマホの使い過ぎで視力が心配、、」という保護者の方にも嬉しいですよね。

 

私もさっそく『PGPスマホガラスコーティング』を塗ってみましたが、とても簡単で作業時間もスマートフォン1台で5~10分程度で塗れました。

 

塗ってから半年経ち、カバーも保護フィルムも着けない状態で使っていますが擦り傷もなく、家の中で4,5回落としたりもしましたが、画面割れもしていません。

 

何より嬉しいのが、汚れが付きにくいのでいちいち画面を拭かなくてもキレイな状態で使えることです。

 

こどものスマートフォンにも塗ったところ、ブルーライトカット効果のおかげか、ドライアイの息子が目が疲れにくくなったと言っていました。

 

スマートフォンは毎日使うものですから、傷や汚れの心配なく使えるととても楽ですよね。

 

気に入ったカバーがないなぁ、、保護フィルムは貼るのも気泡が入ったり、汚れや傷が付いたり欠けたりしたらまた新しいのを貼り直しで面倒だしお金もかかるし、、と思っている方にはぜひ、『PGPスマホガラスコーティング』をおすすめします。